原西エピソード
・全国的には「原西=ギャグ」と思われがちだが、リアクションやボケ担当なのに鋭いツッコミも武器である。

・小学生の時に水泳で関西新記録を出した事もある程、水泳が得意。
「Qさま」の企画、芸能界潜水選手権で記録68M。
「10m高飛び込み」では相方・藤本の不甲斐なさに「自分ならすぐに飛べる」と急遽参戦、言葉通り1位の柴田を凌ぐ0.96秒で飛んだ(しかし、これは公式記録扱いにされていない)。

また「ジャイケルマクソン」の水泳大会でも活躍した。
「ジャイケルフォトデミー賞」のコーナーで「ケミカル&パーマ」で優勝。ちなみにその写真では異常なほど髪の毛が縦にのびに爆笑!

・「ラリーゴ」のあだ名は「べえぇす!」で元シブがき隊のフッくんが原西に命名。ゴリラを並び替えてラリーゴにした。

・からあげが好き。吉本超合金の企画で売り出したFUJIWARA弁当にも入っていた。

・頭髪が薄くなり、「ハゲてる」といわれ、「ハゲかけているのであって、断じてハゲではない」と主張。「ハゲカケタール・オブ・ザ・イヤーを受賞した」(そんな賞はない)、「ハゲカケタール配合や」、「ハゲカケタール・5ヘクタール」、「ハゲカケタール・ドット・コムを参照せい(めちゃイケのコンテンツに実在した事もあった)」。

・ブラックマヨネーズ小杉に「ハゲカケタール」は以前から小杉が使っている「ハゲタール」のパクりだと主張される。それに対して「ハゲタールは完了形で、ハゲカケタールは進行形や」と反論している。

・陰毛みたいな毛といわれたことがある。前髪がある一定まで伸びるとそれ以上伸びない為。

・ハゲきったら解散と相方藤本に言われている。

・ハゲた原因はキツめの脱色で金髪にしたのがきっかけと本人は考えている。


原西エピソード2
TOPへ
出会い系メル友・恋人探し